お金を借りたい フリーター

お金を借りたいフリーターさんの【借りられる条件】

アルバイトやパートなどのフリーターの方の中には、「フリーターでもお金を貸してくれるの?」と考えている方がいるようです。
正社員や自営業者がお金を借りているのもちろんですが、フリーターやアルバイトなどの利用も多くあります。
ただし、フリーターがカードローンに申込む場合は、総量規制について理解しておく必要があります。
融資が受けられる上限額が決められていますので、希望額によっては、総量規制対象外を選ばなければならないからです。

 

 

まず、総量規制というのは、2010年6月18日に施行された改正貸金業法に加わった、新しいルールのことをいいます。
貸金業者によるお金の貸しすぎが問題となっていましたので、法律によって「年収の3分の1」を超える融資が禁止されています。
たとえば、毎月10万円の収入があるフリーターの場合なら、年収120万円となりますので、その3分の1の40万円までしか借りれないことになります。
年収の3分の1を超える融資は、総量規制対象外の銀行カードローンでしか受けられない点に注意するようにしてください。

 

 

また、収入証明書の用意が難しいフリータもいると思いますが、消費者金融で証明書の提出が必要になるのは、50万円超の希望額のときです。
また、他の消費者金融の残高との合計額が100万円を超える融資になるときにも必要になります。
希望している金額が多いときは、収入証明書なしで借りれる金額が多い、レイクやみずほ銀行カードローンを選ぶようにしてください。
レイクなら100万円まで、みずほ銀行は200万円までなら、収入証明書なしで利用できます。

 

 

最後に、できるだけ早くお金を受取りたい場合は、必ずインターネットから申込んでください。
パソコンやスマートフォン、タブレット端末などからの申込みなら、申込み完了と同時に審査が開始され、約30分後にはカードの限度額が決定します。
カードの限度額が決まったら、最寄の契約機でカードを受取り、すぐにお金を受け取れるようになります。

更新履歴